私がライブチャットレディとして登録していた事をお話します

実は私はライブチャットレディとして登録していたことがあります。

 

他の人の体験談などを読むと、結構面白い話がありますよね。初めてライブチャットレディとして働いたときの体験談は多種多様ですが、私の場合は、ビギナーならではのお客さんが付いた後に、リピーターとして来てくれた時にすごくうれしかった覚えがあります。

 

基本的にライブチャットレディとして出演するには3通りのアピールの仕方があります。一つは全くのノンアダルト、いわゆる「ノンアダさん」です。

 

ノンアダさんとは、全くアダルトとかけ離れた存在です。演出自体が楽しくおしゃべりすること。とあるサイトではお話しするだけでも、月にかなりの高額な報酬をゲットできるそうです。きっとその型はお話が面白く、お客さんもつい話が弾んでしまうんでしょうね。

 

二つ目はアダルトメインで出演するタイプです。私は専らこちらで頑張っていました。アダルトならではの体験談はかなり豊富です。

 

ノンアダさんとは違ってアダルトの要望が多岐にわたってありますので、「こうしてくれ」とお願いされることもしばしばです。私の場合は、結構楽しいお客さんが多かったです。お話ありアダルト演出ありで、お互い楽しい時間が過ごせました。

 

中にはいいお友達的なお客さんもできて、しばらくお仕事が忙しくインできなかったりすると「どうしてた?」と、まるで旧友に合うような親しみを覚えた方も多数おりました。

 

全くの未経験者でもチャットサイトには登録でき、すぐに活動できるので興味のある方は是非お勧めです。

初めてチャットレディをやってみた感想は・・・意外に楽しかった

会社員として働きながらなにか出来る副業はないか・・・と探していたときのこと、ライブチャットレディの体験談を読んでそうしたバイトがあるのだと知りました。

 

自宅で自分が空いた時間にできるのにすごく時給が良いのでこれだ!とおもいトライすることにしました。外に働きに出るのはなんとなく気が重いですし、風俗関係も尻込みしてしまいます。

 

でもライブチャットなら結局はカメラ越しのやりとりですし、全く怖くありません。しかも時給が良いと来るのですから早速登録して働き始めました。

 

最初はノンアダルトから始めました。やはり最初からアダルトはちょっと負担が重いかなと思って開始したのですが、お客さんはほとんどの方がいい人で拍子抜けするほど簡単でした。

 

ただし、気を使うことが多く逆にアダルトの方が気楽にできるのでは・・・?と考えるようになり、徐々にノンアダルトが物足りなくなってもっと時給の良いアダルトにチャレンジしたくなってきました。

 

アダルトのチャットレディはお互い楽しみながら時給がもらえるので、抵抗がない方にとってはすごくいいアルバイトだと思います。

 

もちろんいろいろなお客さんがいるので要求も様々で、最初は戸惑うこともありましたが、あしらい方や話の持って行き方でうまくかわしながら次もまた来てもらう・・・ということが上手にできるようになりました。

 

やっぱりチャットレディならまた次にいかにに来てもらうかということが大事になってくるので、相性の良いお客さんを見つけることも大事です。